一度は行きたい新潟評判の温泉特集記事へ 一水荘 くつろぎの宿静雲荘/別邸華海廊 富士屋 お宿ふるや 夕映えの宿汐美荘 美味海食汐彩の湯みかく 赤倉観光ホテル 雲海 ホテルスポーリア湯沢 龍雲荘 露天風呂の宿かわら崎湯元館 村上館湯伝 ホテルスポーリア湯沢 お宿だいろく ホテル小柳 瀬波グランドホテルはぎのや 和みのお宿滝乃湯 夕映えの宿汐美荘 友家ホテル ひなの宿千歳 したしみの宿東栄館 妙湶和樂嵐溪荘 絵かきの宿福泉 ホテル双葉 ホテルシェラリゾート湯沢 お宿ふるや

新潟の温泉をキーワードでサーチ

行ってみたい温泉宿などをキーワードに設定してサーチ!

新潟温泉大図鑑Googleキーワード検索準備中...

新潟の温泉、旅館、ホテルの中から選りすぐりをピックアップ

とっておきの新潟の温泉、旅館、ホテルが大集合!

新潟の温泉、旅館、ホテルの中から選りすぐりをピックアップ

新潟の温泉、旅館、ホテルの中から選りすぐりをピックアップ!

新潟の温泉 雲母温泉 雲母本館

新潟県岩船郡関川村 / 雲母温泉

雲母本館

えちごせきかわ温泉郷の中でも、絶好のロケーションを誇る雲母温泉の宿。雄大な飯豊連峰を眺めることができる大浴場で湯を楽...

新潟の温泉 月岡温泉 割烹の宿いま井

新潟県新発田市 / 月岡温泉

割烹の宿いま井

静寂と安らぎに包まれた上質の空間が広がる大人の宿。月岡の湯を楽しめる露天風呂はもちろん、山の幸、里の幸、海の幸と趣向...

新潟の温泉 月岡温泉 白玉の湯泉慶

新潟県新発田市 / 月岡温泉

白玉の湯泉慶

全国でも有数の規模を誇る高級和風旅館。ロビーに足を踏み入れた瞬間、その豪華さに感嘆するほど、スケールの大きさは群を抜...

新潟の温泉 高瀬温泉 花みちる宿ニュー萬力

新潟県岩船郡関川村 / 高瀬温泉

花みちる宿ニュー萬力

気軽な雰囲気にひかれ、2度3度と繰り返し足を運ぶ客が多い宿。料理の好みや小さな子供連れへの配慮など、できる限り希望をき...

新潟の温泉 宮中島温泉 ミオンなかさと

新潟県十日町市 / 宮中島温泉

ミオンなかさと

 信濃川のほとりにあり、宿泊もできる。温泉施設のスパゾーンには大浴場や山を見渡せる露天風呂、フィンランドサウナがそろ...

新潟の温泉 月岡温泉 広瀬館ひてんの音

新潟県新発田市 / 月岡温泉

広瀬館ひてんの音

大正12年創業、美人の湯として有名な月岡温泉の宿。男女別大浴場のほか、広いリビングルームと小庭が付いた貸切露天風呂(要...

新潟の温泉、旅館、ホテルを下越エリア、中越エリア、上越・佐渡エリア別にご紹介

新潟の温泉を北から南までを下越エリア、中越エリア、上越・佐渡エリアに分けて、幅広く収録!

新潟の温泉エリア 下越

新潟市 |  村上市 |  関川村 |  胎内市 |  聖籠町 | 
新発田市 |  阿賀野市 |  阿賀町 |  五泉市 |  燕市 | 
弥彦村

新潟の温泉エリア 中越

田上町 |  加茂市 |  三条市 |  長岡市 |  出雲崎町 | 
柏崎市 |  小千谷市 |  魚沼市 |  十日町市 | 
南魚沼市 |  津南町 |  湯沢町

新潟の温泉エリア 上越・佐渡

上越市 |  妙高市 |  糸魚川市 |  佐渡市

新潟の温泉の中から、おでかけやドライブ、仕事帰りなど、気軽に利用できる日帰り温泉をご紹介

新潟の温泉の中から、おでかけやドライブ、仕事帰りなど、気軽に利用できる日帰り温泉をご紹介!

新潟の日帰り温泉 寺泊岬温泉 太古の湯

新潟県長岡市 / 寺泊岬温泉

太古の湯

温泉は地下約1,100メートルからわき出る「古代海水」。成分が濃く、若干黄色がかった湯で、乾くと肌がサラサラになると好評。...

新潟の日帰り温泉 入浴施設 女池湯ったり苑

新潟県新潟市中央区 / 入浴施設

女池湯ったり苑

 露天風呂をはじめ、サウナや腰掛け湯、ジェットバスなど、全17種類の風呂バリエーションを誇るスーパー銭湯。ソフト整体や...

新潟の日帰り温泉 入浴施設 新潟市ふれあい健康センターアクアパークにいがた

新潟県新潟市西区 / 入浴施設

新潟市ふれあい健康センターアクアパークにいがた

 清掃センターの余熱を利用するという、エコな温水施設。1階の温浴ゾーンには流水プールや寝湯、たこつぼ湯、ミストサウナを...

新潟の日帰り温泉 入浴施設 新潟智光薬湯分水長寿苑

新潟県燕市 / 入浴施設

新潟智光薬湯分水長寿苑

 国上寺のふもとのある入浴施設「分水長寿苑」。気泡浴つきの大浴槽、漢方智光薬湯、サウナ、休憩用の広間がある。特に漢方...

新潟の日帰り温泉 温泉施設 天然温泉上越の湯

新潟県上越市 / 温泉施設

天然温泉上越の湯

 大浴場、寝風呂、露天風呂、備長炭サウナなど多彩な湯が楽しめる。珍しい「ブラックシリカ岩盤浴」は、背中を岩盤に付けて...

新潟の日帰り温泉 兎口温泉 翠の湯

新潟県十日町市 / 兎口温泉

翠の湯

ブナ林の中にたたずむログハウス風の建物。ヒノキの浴槽にたたえられたヒスイ色の湯は、石油採掘で噴き出した源泉を使用して...

新潟の温泉を温泉地からご紹介

新潟の温泉地の特徴

新潟は温泉地数で全国第3位の温泉王国です。南北に長い新潟の地形、日本海と2つの大河、広大な平野、そして豊かな山々があることから、さまざまなシチュエーションのなかで、多彩な温泉に浸かれるのは新潟の温泉だけ!また、地域独自の文化に育まれた郷土色豊かなグルメも、各お宿で味わえます。また郷土の味をさらに引き立てるのは美味しいコシヒカリと地酒。特に、魚沼産コシヒカリに代表される地元米が、県外客に人気があります!

新潟の温泉地 瀬波温泉

瀬波温泉

源泉やぐらから立ち上る湯けむりの情緒と波の音に心安らぐ海沿いの温泉地

水平線に沈む美しい夕陽と、豊富な湯で身も心も癒やしてくれる瀬波温泉。その歴史は古く、100年以上前の石油掘削中に熱湯が噴出したもの。源泉やぐらを中心とした噴湯公園では、自慢の熱湯で「温泉たまご」作りができ、夜はやぐらがライトアップされる。また、この地に感銘を受けた与謝野晶子が45首もの歌を残したことから、歌碑散策コースも設けられている。海はもちろん、歴史・文化と、見所たくさんな温泉地だ。

新潟の温泉地 えちごせきかわ温泉郷

えちごせきかわ温泉郷

泉質の異なる5つの温泉地で関川の味覚と美しい自然を満喫

泉質の異なる5つの温泉地で関川の味覚と美しい自然を満喫山形県にまたがる飯豊連峰に沿うように流れる清流荒川。その川沿いには、高瀬温泉、鷹の巣温泉、雲母(きら)温泉、湯沢温泉、桂の関温泉の、5つの温泉がある。桂の関温泉は道の駅に隣接する日帰り施設だが、そのほかは湯治宿から高級旅館までがそろい、異なった泉質を体験できる個性豊かな温泉地となっている。山間の地物をいかした郷土料理はもちろん、豪農の館やギネスにも登録されたイベントなどの観光も魅力だ。

新潟の温泉地 月岡温泉

月岡温泉

硫黄成分豊富なエメラルドグリーンの湯はツルツル美肌の「美人の湯」

硫黄を含む翡翠色の月岡温泉は、硫黄の効能によりしっとり、美肌効果も抜群とされ、県内屈指の「美人の湯」と言われている。大正初期の石油発掘時に発見され、その効能が徐々に知れ渡るようになり、県下有数の大規模な温泉街となった。温泉街のメインストリートには大小の旅館やお土産屋、食事処が立ち並び、饅頭屋からは白い蒸気が上がっている。硫黄温泉の強い硫黄臭が街に漂い、ブラ歩きをするだけで昔ながらの温泉街の趣を感じることができる。湯上りに浴衣と下駄で、湯の香漂う街を散歩するのもおすすめ。また、「恋人の聖地」としての取り組みも盛んで、カップルの姿も多い。温泉街のほぼ中央にある無料で楽しめる足湯「湯足美(ゆたび)」では、随時イベントを開催。お出かけ前には是非チェックを。

新潟の温泉地 五頭温泉郷

五頭温泉郷

魅力ある3つの温泉地からなる五頭山麓の森に抱かれた温泉地

五頭連峰の麓に広がる自然豊かな温泉地には、それぞれ趣と泉質の異なる3つの温泉地がある。開湯なんと1200年という、古い歴史を持つ出湯温泉。日本有数のラジウム泉が自慢の村杉温泉。そして、2つの温泉地のほぼ中央に位置する一軒宿の今板温泉。いずれも五頭山麓の静かな森に包まれており、温泉を満喫しながら静かな時間を過ごせると、リピーターが多いのも特徴。外湯も多く、湯めぐりを楽しむのも一興だ。

新潟の温泉地 咲花温泉

咲花温泉

阿賀野川ラインが間近に迫る硫黄の香が漂う昔ながらの温泉街

昔、温泉の硫黄に由来する「湯の花」がわき出ていたことから、その名が付けられたという「咲花温泉」。湯量豊富な硫黄泉で、温泉街にはほのかに硫黄の香りが漂っている。全ての温泉宿で立ち寄り湯が可能となっており、気軽に湯を堪能できるのも特徴だ。湯は美肌にも効果があるとされ、女性を中心に好評。また、各宿では、雄大な阿賀野川や周囲の山々を眺めながら、ぜいたくな湯浴みの時間を過ごせる。

新潟の温泉地 三川温泉

三川温泉

阿賀野川にほど近い山ふもとの温泉地で心和むひとときと地物料理を楽しむ

清流「新谷(あらや)川」のほとりにある三川温泉。静かな山里の環境が魅力で、温泉旅行はもちろん、湯治にも向いており、長期滞在する常連客も多い。周辺には「阿賀野川ライン舟下り」や「将軍杉」、「三川・温泉スキー場」などがあり、豊かな自然をいかした観光を楽しめるほか、「ノルディックウオーク」などの体験コースの整備も行われている。また、国道沿いの道の駅「阿賀の里・楽市じぱんぐ」には、郷土の物産が数多くそろう。

新潟の温泉地 岩室温泉

岩室温泉

宵の頃、芸妓が歩き三味線の音が響き渡る北国街道の宿場町として栄えた名湯

新潟の奥座敷として歴史のある岩室温泉。一羽の雁(かり)がその湯で傷を癒していたという伝えから「霊雁の湯」とも呼ばれる。岩室は新潟芸妓発祥の地と言われ、古くから北国街道の宿場町、彌彦神社の精進落しの場として親しまれてきた。開湯300年の趣ある温泉は国民保養温泉地に指定されており、泉質の良さはお墨付き。佐渡・弥彦国定公園の稀なる自然と、穏やかな風土に抱かれて癒しのひと時を。

新潟の温泉地 弥彦温泉郷

弥彦温泉郷

彌彦神社のお膝元にわく2つの源泉でゆっくりと疲れを癒やす

越後一宮である彌彦神社の門前町として、古くから栄えてきた弥彦温泉。彌彦神社の参拝客のほか、弥彦山の登山者や観光客も多く訪れ、通年にぎわいを見せている。参道前付近では立ち寄り入浴を実施している宿もあるので、気軽に温泉を利用することも可能だ。弥彦は2つの源泉を有する。一つは湯量豊富で、美肌や傷の癒やしに優れるという「やひこ桜井郷温泉」。もう一つは平成19年より給湯が開始された「弥彦湯神社温泉」で、美肌に効果的とされ、老若男女が安心して入れる優しい湯として親しまれている。また、弥彦エリアはパワースポットとしても注目を集めている。弥彦の歴史を解説してくれる「ぼらんてぃあガイド」のツアーも好評だ。

新潟の温泉地 湯之谷温泉郷

湯之谷温泉郷

名峰の懐深くにたたずむ7つの温泉地で自然と湯に抱かれた静かなひと時を

湯之谷温泉郷は、大湯、栃尾又、駒の湯、折立、芋川、葎沢、銀山平に湧く7つの温泉地の総称。山深くに静かに佇む秘湯や、古くは宿場町として栄えた温泉街など、それぞれが個性のある温泉だが、共通するのは魚沼の豊かな大自然に抱かれていること。新潟の中でも特に雪深いこの地では、冬には静寂の中に広がる本格的な雪見風呂が堪能できる。また登山客やスキー客の利用も多く、日帰り温泉や観光スポットも充実している。

新潟の温泉地 六日町温泉郷

六日町温泉郷

町中から山懐まで温泉地が点在するさまざまなニーズに応えてくれる温泉郷

豊かな自然に囲まれ、環境省より「国民保養温泉地」の指定を受けた六日町温泉郷。情緒豊かで格式ある宿が集まる六日町温泉、身体が温まる湯と評判の五十沢温泉、六日町の四季を体感できる河原沢鉱泉、リゾート感覚満点の上の原高原温泉、郷土のぬくもりを感じさせる畔地温泉の、5つの温泉からなる。いずれの温泉地でも、霊峰八海山を望みながらゆったりとくつろぐことができ、心身ともにリラックスできる。

新潟の温泉地 越後湯沢温泉

越後湯沢温泉

歴史ロマンあふれる小説「雪国」の舞台は新潟屈指のレジャー温泉地

新幹線を降りるとそこがもう温泉街。駅に近いながら自然に囲まれている魅力あふれる温泉地だ。首都圏からのアクセスもよく、「スノー天国湯沢」として、冬を満喫できるレジャー施設が充実している。温泉は開湯八百年余の歴史があり、文豪、川端康成の小説「雪国」の舞台としても有名。温泉街には、土産物屋や食事処がズラリと並び、「これぞ温泉地」というような雰囲気。近年、「外湯めぐり」にも力を入れており、日帰り温泉などで使えるお得な「外湯めぐり券」が、家族連れやスキー客にも好評だ。冬のスノーレジャーはもちろんのこと、春から秋にかけてのネイチャーウォッチングやフィッシングパークなど、四季折々に違った湯沢が楽しめる。

新潟の温泉地 松之山温泉郷

松之山温泉郷

700年もの間人々に親しまれる温泉は古代の海水がもたらす豊かな自然の幸

開湯約700年、日本三大薬湯の一つとされる松之山温泉は、ジオプレッシャー型温泉という特殊な湯。これは地底約3000メートルに閉じこめられた古代の海水が地上まで噴き出し、温泉本来の成分を堪能できるというもの。塩分濃度が強く、ホウ酸の含有量の高い湯は、美肌効果や切り傷に効能があるという。周囲にはブナ林が広がり、夏にはホタルも舞うという自然豊かな地。山里の幸とともに、体と心を癒やしてくれる。

新潟の温泉地 鵜の浜温泉

鵜の浜温泉

雄大な日本海に沈む夕日を眺めながら豊かな温泉と地元料理を堪能

昭和13年と31年に行われた石油の試掘の際に、ガスとともに温泉が噴出したことが「鵜の浜温泉」のはじまり。温泉街が海に近いことから、各宿では大海原を眺めながらの入浴や、地元の漁港で水揚げされた鮮魚を味わうことができる。泉質はナトリウムー塩化物泉で、ほのかに塩の味がするというのも、いかにも浜辺の温泉らしい。夏は海水浴客で賑わうほか、美しい浜辺で観光地引網も行われており、宿泊客に好評だ

新潟の温泉地 関温泉・燕温泉

関温泉・燕温泉

江戸から続く上杉謙信の隠し湯は山を愛する人々を癒やす温泉地

妙高山中腹にある江戸時代開湯の関温泉と、標高1100メートルの高さにある燕温泉。いずれも豊かな妙高の緑に囲まれ、大自然から贈られた豊かな温泉を堪能できる地だ。それぞれ泉質は異なり、関温泉は鉄分によって「赤い湯花」を咲かせ、燕温泉はほのかな硫黄臭がただよう「白いにごり湯」。どちらの温泉地でも、各宿で源泉をかけ流ししているのが魅力で、観光客はもちろん温泉通からも支持されている。

新潟の温泉地 赤倉温泉・新赤倉温泉

赤倉温泉・新赤倉温泉

温泉ソムリエが温泉の基本から「あなたに合った入浴方法」までをご提案

「越後富士」とも呼ばれる、妙高山の北地獄谷から自噴する赤倉温泉・新赤倉温泉。温泉には2つの泉質が含まれ、ダブル効果があるという。しっとりとした湯には「硫酸塩泉」と「炭酸水素塩泉」が含まれ、肌に刺激の少ない「中性の湯」として知られる。赤倉温泉の歴史は古く、開湯は江戸時代の文化13年。日本唯一の「藩営温泉」として栄え、多くの文人・名士がこよなく愛した名湯だ。赤倉温泉と新赤倉温泉は観光ゾーンとして、一年を通して多くの観光客が訪れている。2つの温泉地では「温泉ソムリエ」による入浴法のアドバイスも行われている。充実したアウトドアレジャーやスキーのあとには、「温泉ソムリエ」の指導で入浴を楽しみながら、じっくりと疲れを癒やせる。

新潟の温泉地 池の平温泉

池の平温泉

大自然の中で「楽しむ・遊ぶ・学ぶ」高原のリゾートで疲れを癒やす優しい湯を

妙高高原の南地獄谷源泉から引湯される「池の平温泉」。毎分1500リットルもわき出る約71度の源泉が距離の長い引湯の間に冷やされ、湯船に届く頃にはいい湯加減になるという。泉質は単純温泉。肌に優しくさらりとした湯は、子供からお年寄りまで安心して入浴できる。また、池の平エリアは大自然の中のリゾートだけに、アウトドアを舞台にしたレジャーが多彩だ。グリーンシーズンには「いもり池」の遊歩道で写真撮影やスケッチを。白銀の世界が広がる冬には、パウダースノーを思う存分堪能できる。近年、スキー場では各所に「キッズガーデン」が誕生し、より家族で楽しむことができるようにもなった。アクティビティの後には、池の平の湯が優しく疲れを癒やしてくれる。

新潟の温泉ライターSUGIUE KEIのちょっと温めな温泉徒然コラム

おすすめの一寸( ちょっと)入浴

取材で温泉に出かけ、撮影ともなれば、当然浴室に行き、「構図が」とか「湯気が」とかワイワイして、それで帰ってくるわけです。
で、何故か体の調子が少しだけ良くなっていることが多いのです。具体的には体があたたかな感じがするとか、どこか一部分がスベスベするとかいうことですが、そこで気がつきました。撮影時にちょっと湯船に足が入ったり、手が湯に浸かったりすると、それだけでもなんだか効果があるようです。
まあ、温泉は皮膚に付いてからしばらくは成分が浸透すると聞きますので、そこから車に乗ったり歩いたりしている間も、温泉に浸った部分は「効能」がしみ込んでいるのではと。
ですので、無料の足湯とか、飲泉所とか、そんなところで足や手をちょっとだけ浸ける「一寸浴(ちょっとよく)」を提唱したいと思います。
10秒とか。別に「あ?いい湯」という感覚まで行く必要もないから、簡単でしょ?

SUGIUE KEI
自称「温泉饅頭好きライター」
各地の温泉を取材しがてら、まんじゅうとソバを買いあさる毎日だという。