TOP >  柏崎市リスト

新潟の温泉、旅館、ホテルの『柏崎市』検索結果リスト

検索結果:「

柏崎市

新潟県の温泉 メトロポリタン松島(柏崎市/鯨波松島温泉) の検索情報

新潟県柏崎市 / 鯨波松島温泉

メトロポリタン松島

ホテル名物の鯛茶漬けは、2011年「第2回全国ご当地どんぶり選手権」で全国第3位、2011年「国際ご当地グルメグランプリin月岡...

新潟県の温泉 湯元館(柏崎市/広田鉱泉) の検索情報

新潟県柏崎市 / 広田鉱泉

湯元館

昔ながらの日本の農村風景を今に残す、山間にある温泉。江戸時代から湯元館の館主が代々隠居所として使用していた温泉を、明...

新潟県の温泉 楽寿の湯(柏崎市/じょんのび温泉) の検索情報

新潟県柏崎市 / じょんのび温泉

楽寿の湯

鯖石川の清流沿いにあり、農村の自然や生活の技、食文化を体験できる農村リゾート。黒姫山を望みつつ、黒姫山中腹からわき出...

新潟県の温泉 こども自然王国ガルルの湯・クルルの湯(柏崎市/荒又温泉) の検索情報

新潟県柏崎市 / 荒又温泉

こども自然王国ガルルの湯・クルルの湯

こども自然王国内にある温泉施設。浴室の天井には、おおぐま、こと、はくちょう座などの星座が浮かび、お風呂が苦手な子ども...

新潟県の温泉 ソルト・スパ潮風(柏崎市/柏崎潮風温泉) の検索情報

新潟県柏崎市 / 柏崎潮風温泉

ソルト・スパ潮風

雄大な日本海、水平線に沈む美しい夕日、詩情誘う佐渡島の眺望の3点セットと、多彩な風呂が同時に楽しめる。本場韓国アカスリ...

新潟の温泉、旅館、ホテルから選りすぐりをピックアップ

新潟の温泉、旅館、ホテルから選りすぐりをピックアップ!

新潟の温泉 開湯の宿大和屋旅館(瀬波温泉)

新潟県村上市 / 瀬波温泉

開湯の宿大和屋旅館

瀬波温泉はこの宿の初代が明治37年に掘り当てたもの。以来、開湯の宿として営業を続けている。宿の前には、与謝野晶子が歌に...

新潟の温泉 開湯の宿大和屋旅館(瀬波温泉)

新潟県上越市名立区 / 入浴施設

うみてらす名立

 青空と日本海が望める開放的なヒマラヤ岩塩入り展望露天風呂をはじめ、7種類の多彩な風呂がそろうスポット。スタッフおすす...

新潟の温泉を北から南までを下越エリア、中越エリア、上越・佐渡エリアに分けて、幅広く収録

新潟の温泉を北から南までを下越エリア、中越エリア、上越・佐渡エリアに分けて、幅広く収録!

新潟の温泉エリア 下越
新潟市 |  村上市 |  関川村 |  胎内市 |  聖籠町 |  新発田市 |  阿賀野市 |  阿賀町 |  五泉市 |  燕市 |  弥彦村

新潟の温泉エリア 中越
田上町 |  加茂市 |  三条市 |  長岡市 |  出雲崎町 |  柏崎市 |  小千谷市 |  魚沼市 |  十日町市 |  南魚沼市 |  津南町 |  湯沢町

新潟の温泉エリア 上越・佐渡
上越市 |  妙高市 |  糸魚川市 |  佐渡市

新潟の温泉から、おでかけやドライブ、仕事帰りなど、気軽に利用できる日帰り温泉をご紹介

新潟の温泉から、おでかけやドライブ、仕事帰りなど、気軽に利用できる日帰り温泉をご紹介!

新潟の温泉から五泉市馬下保養センター(馬下温泉)をピックアップ

新潟県五泉市 / 馬下温泉

五泉市馬下保養センター

阿賀野川を見下ろす高台にあり、保養所ならではの低料金で、日帰り湯と宿泊が楽しめる施設。ヒノキに囲まれた大浴場と身体の...

新潟の温泉から五泉市馬下保養センター(馬下温泉)をピックアップ

新潟県妙高市 / 燕温泉

露天風呂黄金の湯

新潟の温泉ライターSUGIUE KEIのちょっと温めな温泉徒然コラム

おすすめの一寸( ちょっと)入浴

取材で温泉に出かけ、撮影ともなれば、当然浴室に行き、「構図が」とか「湯気が」とかワイワイして、それで帰ってくるわけです。
で、何故か体の調子が少しだけ良くなっていることが多いのです。具体的には体があたたかな感じがするとか、どこか一部分がスベスベするとかいうことですが、そこで気がつきました。撮影時にちょっと湯船に足が入ったり、手が湯に浸かったりすると、それだけでもなんだか効果があるようです。
まあ、温泉は皮膚に付いてからしばらくは成分が浸透すると聞きますので、そこから車に乗ったり歩いたりしている間も、温泉に浸った部分は「効能」がしみ込んでいるのではと。
ですので、無料の足湯とか、飲泉所とか、そんなところで足や手をちょっとだけ浸ける「一寸浴(ちょっとよく)」を提唱したいと思います。
10秒とか。別に「あ?いい湯」という感覚まで行く必要もないから、簡単でしょ?

SUGIUE KEI
自称「温泉饅頭好きライター」
各地の温泉を取材しがてら、まんじゅうとソバを買いあさる毎日だという。