TOP >  咲花温泉リスト

新潟の温泉、旅館、ホテルの『咲花温泉』検索結果リスト

新潟の温泉地 咲花温泉

咲花温泉

阿賀野川ラインが間近に迫る硫黄の香が漂う昔ながらの温泉街

昔、温泉の硫黄に由来する「湯の花」がわき出ていたことから、その名が付けられたという「咲花温泉」。湯量豊富な硫黄泉で、温泉街にはほのかに硫黄の香りが漂っている。全ての温泉宿で立ち寄り湯が可能となっており、気軽に湯を堪能できるのも特徴だ。湯は美肌にも効果があるとされ、女性を中心に好評。また、各宿では、雄大な阿賀野川や周囲の山々を眺めながら、ぜいたくな湯浴みの時間を過ごせる。

検索結果:「

咲花温泉

新潟県の温泉 一水荘(五泉市/咲花温泉) の検索情報

新潟県五泉市 / 咲花温泉

一水荘

雄大な阿賀野川と菅名岳の懐に抱かれた、閑静で温泉情緒あふれる宿。県内でも有数の湧出量を誇る名湯で、地元の職人が地場の...

新潟県の温泉 ぬくもりの宿翠玉の湯佐取館(五泉市/咲花温泉) の検索情報

新潟県五泉市 / 咲花温泉

ぬくもりの宿翠玉の湯佐取館

大浴場と2つある貸し切り露天から望む、阿賀野川の景色が魅力の宿。湯船からの眺めは抜群で、雄大な阿賀の風景を独占できると...

新潟県の温泉 碧水荘(五泉市/咲花温泉) の検索情報

新潟県五泉市 / 咲花温泉

碧水荘

「水のふるさと」というキャッチフレーズの通り、阿賀野川の眺めが素晴らしく、ロビーや客室からも景観を楽しむことができる...

新潟県の温泉 いろりの宿ホテル平左エ門(五泉市/咲花温泉) の検索情報

新潟県五泉市 / 咲花温泉

いろりの宿ホテル平左エ門

廊下は全て畳敷き、館内や中庭の山野草が美しい、落ち着いた雰囲気の宿。風呂は源泉かけ流し。懐かしい風情を漂わせるいろり...

新潟県の温泉 阿賀のめぐみ望川閣(五泉市/咲花温泉) の検索情報

新潟県五泉市 / 咲花温泉

阿賀のめぐみ望川閣

水温で湯の色が変わる3つの湯船。各湯船は38℃から43℃で、透明な源泉が空気に触れエメラルドグリーンに変わり、温度が下がるに...

新潟県の温泉 ホテル丸松(五泉市/咲花温泉) の検索情報

新潟県五泉市 / 咲花温泉

ホテル丸松

阿賀野川河畔に位置する咲花温泉。客室や大浴場から望む阿賀野川の雄大な流れが見どころ。評判の郷土料理は、地元の素材を生...

新潟県の温泉 湯元館(五泉市/咲花温泉) の検索情報

新潟県五泉市 / 咲花温泉

湯元館

硫黄の独特の香りが迎えてくれる、阿賀野川沿いの宿。ヒノキの香りあふれる風呂は身体を癒やし、部屋から眺める景観や居心地...

新潟県の温泉 柳水園(五泉市/咲花温泉) の検索情報

新潟県五泉市 / 咲花温泉

柳水園

柳水園の名は、文壇の巨匠・尾崎士郎が命名したもの。ロビーに掲げられた尾崎士郎自筆の書をはじめ、館内には過去に逗留したこ...

新潟の温泉、旅館、ホテルから選りすぐりをピックアップ

新潟の温泉、旅館、ホテルから選りすぐりをピックアップ!

新潟の温泉 花みちる宿ニュー萬力(高瀬温泉)

新潟県岩船郡関川村 / 高瀬温泉

花みちる宿ニュー萬力

気軽な雰囲気にひかれ、2度3度と繰り返し足を運ぶ客が多い宿。料理の好みや小さな子供連れへの配慮など、できる限り希望をき...

新潟の温泉 花みちる宿ニュー萬力(高瀬温泉)

新潟県新発田市 / 月岡温泉

したしみの宿東栄館

家族を出迎えるような温かいもてなしを心がけているため、常連客も多い宿。16室の客室は、すべて異なるしつらえで落ち着きあ...

新潟の温泉を北から南までを下越エリア、中越エリア、上越・佐渡エリアに分けて、幅広く収録

新潟の温泉を北から南までを下越エリア、中越エリア、上越・佐渡エリアに分けて、幅広く収録!

新潟の温泉エリア 下越
新潟市 |  村上市 |  関川村 |  胎内市 |  聖籠町 |  新発田市 |  阿賀野市 |  阿賀町 |  五泉市 |  燕市 |  弥彦村

新潟の温泉エリア 中越
田上町 |  加茂市 |  三条市 |  長岡市 |  出雲崎町 |  柏崎市 |  小千谷市 |  魚沼市 |  十日町市 |  南魚沼市 |  津南町 |  湯沢町

新潟の温泉エリア 上越・佐渡
上越市 |  妙高市 |  糸魚川市 |  佐渡市

新潟の温泉から、おでかけやドライブ、仕事帰りなど、気軽に利用できる日帰り温泉をご紹介

新潟の温泉から、おでかけやドライブ、仕事帰りなど、気軽に利用できる日帰り温泉をご紹介!

新潟の温泉から野天風呂湯元龍泉(瀬波温泉)をピックアップ

新潟県村上市 / 瀬波温泉

野天風呂湯元龍泉

広大な敷地の中にある野天風呂には、泡風呂をはじめとする浴槽を男女各4つ完備し、シャワーにも温泉を使用。曜日ごとの割引サ...

新潟の温泉から野天風呂湯元龍泉(瀬波温泉)をピックアップ

新潟県十日町市 / 原町温泉

ゆくら妻有

清津峡から続く清流・清津川のほとりにある温泉施設。浴室は一面ガラス窓で明るく快適、塩分の多い湯は湯熱が高いので、冷えた...

新潟の温泉ライターSUGIUE KEIのちょっと温めな温泉徒然コラム

おすすめの一寸( ちょっと)入浴

取材で温泉に出かけ、撮影ともなれば、当然浴室に行き、「構図が」とか「湯気が」とかワイワイして、それで帰ってくるわけです。
で、何故か体の調子が少しだけ良くなっていることが多いのです。具体的には体があたたかな感じがするとか、どこか一部分がスベスベするとかいうことですが、そこで気がつきました。撮影時にちょっと湯船に足が入ったり、手が湯に浸かったりすると、それだけでもなんだか効果があるようです。
まあ、温泉は皮膚に付いてからしばらくは成分が浸透すると聞きますので、そこから車に乗ったり歩いたりしている間も、温泉に浸った部分は「効能」がしみ込んでいるのではと。
ですので、無料の足湯とか、飲泉所とか、そんなところで足や手をちょっとだけ浸ける「一寸浴(ちょっとよく)」を提唱したいと思います。
10秒とか。別に「あ?いい湯」という感覚まで行く必要もないから、簡単でしょ?

SUGIUE KEI
自称「温泉饅頭好きライター」
各地の温泉を取材しがてら、まんじゅうとソバを買いあさる毎日だという。