TOP >  一度は行きたい評判のお宿 >  瀬波グランドホテルはぎのや

瀬波温泉 / 新潟県村上市

瀬波グランドホテルはぎのや

ハギノヤ

新たに誕生する「熱の湯」で4種類の源泉風呂を満喫

新潟の温泉 瀬波グランドホテルはぎのや(瀬波温泉)
最上階の展望大浴場と露天風呂から、温泉街と日本海を一望できる、瀬波温泉の老舗ホテル「はぎのや」。2012年4月1日には、8階の大浴場がリニューアル。さらに、7階には新たに展望檜風呂「熱の湯」ができ、新たな魅力が加わる。
幅広いニーズに対応できるよう、さまざまな客室や浴室を用意しているのが、こちらの特徴の一つ。露天風呂が付いた客室「風の庭」、「風美亭」では、たっぷりの源泉を独り占めしながら、プライベートな時間を満喫できる。個性ある浴室を備えた貸切庭園露天風呂「風香の湯」では、和の情緒あふれる庭園を眺めながら、たっぷりの源泉にいつでも快適に保たれた湯温で入浴可能。
ブランド牛の「村上牛」や、甘エビ、高級食材のあわびなど、海の幸を盛り込んだ料理も好評。部屋食でゆっくり食事を楽しむこともできるが、個室食事処「華苑」もおすすめ。旬の素材を「炙り焼き」で味わうことができ、家族で、グループで、焼き網を囲んでの賑やかな宴を楽しめる。
また、館内にはベビーカーや子ども用の椅子、マンガコーナー、マッサージルームを配置。フリードリンクスペースでは、安田ヨーグルトも無料。あいた時間には、温泉タマゴ作りに行くのもおすすめ。

瀬波グランドホテルはぎのや の写真ギャラリー

※ 写真をクリックすると拡大されます。

設備・内容
(宿泊)
露天風呂あり 貸切風呂あり 露天風呂付客室あり 部屋食あり サウナあり カード使用可
電話番号 0254-53-1212
住所 新潟県村上市瀬波温泉2-5-45 
地図

新潟の温泉、旅館、ホテルから選りすぐりをピックアップ

新潟の温泉、旅館、ホテルから選りすぐりをピックアップ!

あらかわ荘(高瀬温泉)

新潟県岩船郡関川村 / 高瀬温泉

あらかわ荘

創業百年余のこちらは、広い間取りと樹齢2,000年以上という古代ヒノキを使用した風呂が自慢。また、貸切風呂は木の温もりと...

あらかわ荘(高瀬温泉)

新潟県新発田市 / 月岡温泉

湯乃宿こばやし

館内は華やかなインテリアを配した、明るくシンプルな造りで、清潔感が漂う宿。若い人からお年寄りに至るまで、女性に人気な...

新潟の温泉、旅館、ホテルから選りすぐりをピックアップ

新潟県の北から南までを下越エリア、中越エリア、上越・佐渡エリアに分けて、幅広く収録!

新潟の温泉エリア 下越
新潟市 |  村上市 |  関川村 |  胎内市 |  聖籠町 |  新発田市 |  阿賀野市 |  阿賀町 |  五泉市 |  燕市 |  弥彦村

新潟の温泉エリア 中越
田上町 |  加茂市 |  三条市 |  長岡市 |  出雲崎町 |  柏崎市 |  小千谷市 |  魚沼市 |  十日町市 |  南魚沼市 |  津南町 |  湯沢町

新潟の温泉エリア 上越・佐渡
上越市 |  妙高市 |  糸魚川市 |  佐渡市

おでかけやドライブ、仕事帰りなど、気軽に利用できる日帰り温泉をご紹介

おでかけやドライブ、仕事帰りなど、気軽に利用できる日帰り温泉をご紹介!

長岡市志保の里荘(塩之入温泉)

新潟県長岡市 / 塩之入温泉

長岡市志保の里荘

その昔、弘法大師が杖をついたところから塩水が噴出したという伝説の温泉。ぬるめの湯で入りやすく、体の芯から温まると評判...

長岡市志保の里荘(塩之入温泉)

新潟県南魚沼郡湯沢町 / 越後湯沢温泉

SPAガーラの湯

ガーラ湯沢スキー場のゴンドラ山麓駅&新幹線駅舎内にあるスパ。広々とした大浴場はもちろん、プールやジャグジーなども楽し...

新潟の温泉ライターSUGIUE KEIのちょっと温めな温泉徒然コラム

おすすめの一寸( ちょっと)入浴

取材で温泉に出かけ、撮影ともなれば、当然浴室に行き、「構図が」とか「湯気が」とかワイワイして、それで帰ってくるわけです。
で、何故か体の調子が少しだけ良くなっていることが多いのです。具体的には体があたたかな感じがするとか、どこか一部分がスベスベするとかいうことですが、そこで気がつきました。撮影時にちょっと湯船に足が入ったり、手が湯に浸かったりすると、それだけでもなんだか効果があるようです。
まあ、温泉は皮膚に付いてからしばらくは成分が浸透すると聞きますので、そこから車に乗ったり歩いたりしている間も、温泉に浸った部分は「効能」がしみ込んでいるのではと。
ですので、無料の足湯とか、飲泉所とか、そんなところで足や手をちょっとだけ浸ける「一寸浴(ちょっとよく)」を提唱したいと思います。
10秒とか。別に「あ?いい湯」という感覚まで行く必要もないから、簡単でしょ?

SUGIUE KEI
自称「温泉饅頭好きライター」
各地の温泉を取材しがてら、まんじゅうとソバを買いあさる毎日だという。